サイエンスキャッスル

s-journal

Nature について

Nature は、毎週木曜日発行の国際的な総合科学ジャーナルです。1869年11月4日の創刊以来、科学技術のあらゆる分野における、最高品質の論文を掲載、世界中の読者に最先端の科学を伝えてまいりました。 これらの論文は、時に、科学界のみならず、社会にセンセーションを巻き起こすこともあります。また、文章は読みやすく、洗練されたもので、自分の専門以外でも理解することができます。さらに論文以外にも、社会的関心の高い、科学関連ニュースや解説記事を掲載し、科学に携わる人だけでなく、一般の方々にも広く、科学の現状や将来について知っていただけるよう心がけております。

Nature の信条(mission statement)

第一に、さまざまな科学分野における重要な研究成果を迅速に掲載し、研究者を支援いたします。そのために論文以外にも、科学関連ニュースや論説を掲載し、また研究者どうしのコミュニケーションフォーラムを提供しております。第二に、研究成果について、その学問的意義や文化的意義とともに、身近な生活にどのようにかかわっているかをわかりやすく解説し、世界中の読者に、速やかに正確に伝えたいと考えております。この信条は、創刊間もない1869年11月11日に発表され、今日まで、受け継がれております。

被引用数とインパクトファクター

このような姿勢が認められ、Nature は世界で最も引用されているジャーナルの1つになっています。Thomson Reuters社(米国フィラデルフィア)発行のJournal Citation Report Science Edition によれば、2011年発表の Nature のインパクトファクターは36.101になります。

その他の雑誌のインパクトファクター

※インパクトファクターは、該当する暦年の前年と前々年に掲載された論文数を分母、該当する暦年にこれらの論文が引用された回数を分子として計算した、ジャーナルの被引用度の国際的な指標です。

編集者について

Nature は、他の Nature 関連誌と同様に、外部に編集委員会を設置していません。編集上のすべての決定は、弊社の専任編集チームによって行われます。

Nature のあゆみ

History of the journal nature では、これまで掲載された特別依頼論文や動画などを閲覧でき、Nature の歴史だけでなく、Nature とともに歩んできた科学の進歩を垣間見ることができます。(英語のみ)

Nature のあゆみ

『科学の興亡』「ネイチャー」VS.「サイエンス」

「新潮45」2011年1月号、竹内薫氏による連載『科学の興亡』「ネイチャー」VS.「サイエンス」にて、Nature、Nature ダイジェストについて取り上げられました。その全文をご紹介します。