サイエンスキャッスル

Powered by リバネス株式会社リバネス

サイエンスキャッスル2019 関東大会

テーマ「アイデアと課題をぶつけ合おう」

大会名 サイエンスキャッスル2019 関東大会
日程 2019年12月21日(土)
2019年12月22日(日)
場所 武蔵野大学中学校・高等学校

関東大会に関するお知らせ

応募概要

発表募集内容 ・課題研究の研究成果発表(分野は問いません)
・部活動などの科学探究活動の活動発表など
発表対象者 中学・高校・高専に在籍する生徒等
申込方法 指定のエントリーフォームから演題登録をしていただきます。
登録後でも、〆切日までは自由に編集ができます。演題登録前、演題登録後に申請内容の書き方や、研究の進め方についての相談もできますので、早めに申請の準備をして、ぜひお気軽にお問い合わせください。研究の相談や演題申込みに当たっての問い合わせについては、随時受け付けております。お気軽にご連絡ください。

応募からの流れ

エントリー(演題登録) 6/1(日)~9/30(月)

指定のエントリーフォームから演題登録をしていただきます。登録後でも、〆切日までは自由に編集ができます。演題登録前、演題登録後に申請内容の書き方や、研究の進め方についての相談もできますので、早めに申請の準備をして、ぜひお気軽にお問い合わせください。

応募申請における手引(クリックしてください)を参照の上、申請を行ってください。

※関東大会は募集を〆切りました。多数のご申請、誠にありがとうございました。

選考期間 10/1(火)~11/14(木)

各大会の審査員やリバネススタッフが申請書をもとに厳正な審査を行います。

発表チーム 内示 11/15(金)

申請したチームの代表者に審査対象(口頭発表、もしくはポスター発表)、審査対象外ポスター発表、への採択可否をお知らせします。

オンライン面談(口頭発表チーム) 11/16(土)~12/10(火)

口頭発表チームが研究への熱や、内容をしっかりと審査員に伝えられるように、リバネススタッフがプレゼンテーションや研究へのアドバイスを行います。

サイエンスキャッスル関東大会  12月21日(土)、22日(日)

昨年度の様子

口頭発表
口頭発表
ポスター発表
ポスター発表
企業ブース
企業ブース
表彰式

<21日の流れ>

会場 雪頂ホール
<口頭発表会場>
体育館
<ポスター発表会場>
教室① 教室② 教室③ 教室④ 教室⑤
9:00 受付開始
9:30 開会式
10:00 ポスター発表 – 奇数(審査時間)
11:00 ポスター発表 – 偶数(審査時間)
12:00 ランチセッション
提供:北海道文教大学
ランチセッション
提供:キリロム工科大学
ランチセッション:ZEONIC体験会

提供:株式会社バンダイ

 

ランチセッション
提供:株式会社リバネス
ランチセッション
提供:東京工業大学
13:00 口頭発表
16:00 特別講演
17:00 表彰式
18:00 終了

<22日の流れ>

会場 雪頂ホール 体育館 教室① 教室② 教室④
09:00 NESTラボ/ジュニアドクター育成塾NEST合同発表会
10:00 ポスター展示(自由閲覧)

ブース展示(自由閲覧)

12:00 お昼休憩
13:00 ①中高生ポスター発表

②サイエンスキャッスル研究費発表会
・THK賞成果発表会
・Honda賞成果発表会

③ZEONIC体験会

④参加団体ブース展示

15:00 マリンチャレンジプログラム
研究ワークショップ
サイエンスキャッスル研究費リバネス賞成果発表会・次年度説明会 サイエンスキャッスル研究費
THK賞
表彰式
16:00 テクノロジーアイランド表彰式・閉会式
17:00 終了

先端研究セッション

【ランチセッション】北海道文教大学

<21世紀の QOL向上をリードする、 食と健康のサイエンス>

食の安全・安心はもとより、近年では食品がもつ機能性成分や、たんぱく食促進による高齢者のロコモティブシンドローム予防、コミュニケーション効果など様々な点で食事の効果が期待されています。

さらに、味覚や嗅覚などを統合し脳が感じる「おいしさ」に迫る取り組みや、調理科学を分子レベルで解明する試みも始まっています。

セッションでは、食料自給率約200%を誇り豊かな食文化を有する北海道ならではの研究や人材育成について議論します。

モデレーター:株式会社リバネス アグリガレージ研究所 伊地知 聡

パネラー:北海道文教大学 人間科学部 講師 山森 栄美

パネラー:株式会社ルナロボティクス 代表取締役 岡田拓治

サイエンスキャッスル研究費成果発表会

株式会社THK、本田技研工業株式会社、株式会社リバネス

<サイエンスキャッスル研究費 2019年度成果発表会&2020年度募集説明会>

中高生のための研究助成制度「サイエンスキャッスル研究費」の成果発表会および募集説明会を行います。ものづくりで課題解決を目指す研究を支援する「THK賞」、来たるべき水素社会に向けて水素エネルギー研究を支援する「Honda賞」の2019年度の成果を発表するとともに、2020年度の公募について説明します。自身の研究を加速するため、ぜひ詳細を聞きに来てください。

Honda賞

THK賞 

リバネス賞     

特別イベント

<マリンチャレンジプログラムポスターブース>
海洋、水産資源、水環境などに関係する研究を支援するマリンチャレンジプログラム。2019年度採択校のポスター展示と、第三期の募集について紹介します。
参加予定団体:公益財団法人日本財団

<サイエンスキャッスルTHK賞研究ポスターブース>
サイエンスキャッスルTHK賞を受賞した研究発表をポスター展示でご紹介します。
参加予定団体:THK株式会社

海外留学セッション

【ランチセッション】キリロム工科大学

パネルディスカッション <先輩に聞く!海外大学留学のリアル>

海外の大学に行くって、どうなの?入試や入学後の生活など、日本国内の大学への進学とは様々な点で異なる海外留学。外に飛び出すことでどんな経験をし、どんな学びを得ることができるのでしょうか。このセッションではアメリカやイギリス、カンボジアの大学に留学した先輩から、それぞれのリアルな経験を紹介します。

ZEONIC体験会

【ランチセッション】株式会社バンダイ

<ジオニック社公式MS講習コース ZEONIC TECHNICSを体験しよう!>

ジオニック社のモビルスーツ開発を体感しながら、ロボティクスの基礎やプログラミングの概念を学べる学習キット「ZEONIC TECHNICS」を実際に体験することができます。宇宙世紀初の量産型モビルスーツであるザクの開発を通じて、ロボット工学技術を学びましょう!

口頭発表演題
※記載順は発表順ではございません。

受付番号 タイトル 代表研究者 所属機関
C000010 サツキツツジ盆栽輸出プロジェクト 鈴木 智也 栃木県立鹿沼南高等学校
C000045 キンチャクガニの不思議な生態 山田 遼祐 サレジオ学院高等学校
C000056 操作性と応用性に優れたポータブル赤道儀式架台の開発 池田 隼 海城高等学校
C000144 セミの騒音に悩まされない住宅環境を探る 前田 乃愛 東京都立富士高等学校附属中学校
C000169 ガラスから溶出したCaイオンによるアルミの水素発生 白崎 圭祐 独立行政法人国立高等専門学校機構群馬工業専門学校
C000181 音楽の種類がマウスの行動に変化を与えるか 奥山 映美 東京大学教育学部附属中等教育学校
C000264 洗剤による透明骨格標本の作成
ーマジカよ!すげ〜ー
黒崎 詩音 ドルトン東京学園中等部・高等部
C000266 バイオチャー散布における植物の成長と土壌の変化 染河 威生 浅野中学・高等学校
C000293 ナミアゲハの蛹に対する光の影響 佐藤 真治 駒場東邦中学・高等学校
C000296 抗生物質生産菌に対する外的刺激の応用法 井澤 賢一 三田国際学園高等学校
C000390 プラスチック分解能と腸内細菌の関係性 山本 和輝 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校
C000397 寿命に対するリコピンの効果の検証 阿部 優月希 茗溪学園高等学校

ポスター発表演題(審査対象)
※記載順は発表順ではございません。

受付番号 タイトル 代表研究者 所属機関
C000022 火星探査機の安価で確実な着地方法の研究 藤野 克彬 ジュニアドクター育成塾NESTドクターコース
C000025 気候変動に対するメタン菌の影響 アガルワラ ユキ ケイインターナショナルスクール
C000032 金属めっきスチールウールの水蒸気改質による水素生成 吉岡 稟音 千葉市立都賀中学校
C000034 二枚貝の前閉殻筋痕部と後閉殻筋痕部の結晶構造の変異 加藤 清葉 千葉市立都賀中学校
C000035 河川の水質汚染と終端速度の関係を探る! 原田 恒希 東京都立富士高等学校附属中学校
C000036 CO2地層処分による海藻の光合成量の変化 丸山 友珠里 千葉市立都賀中学校
C000038 紫外線による水中の3価鉄イオンと鉄さびの増加 中里 ひおり 大田区立蒲田中学校
C000050 都市の川は磯を豊かにできるのか。 成宮 旭生 横浜市立横浜商業高等学校
C000059 セイヨウミツバチの形態的変異 門 爽太 鶴見大学付属高等学校
C000067 色における褪せ方の違いの解析 山内 優 静岡雙葉中学校高等学校
C000068 水素エコロープウェイ-新たな交通手段を目指して- 松尾 和弥 大阪市立宮原中学校
C000077 腸内環境改善のためのプロポリスの活用 工藤 隼己 山村学園 山村国際高等学校 生物部
C000102 金魚の鮮やかな赤の源 齊藤 梨里 東京農業大学第一高等学校生物部
C000120 生分解性プラスチック分解能を有する新規好冷菌の探索 幕内 健仁 リバネス
C000157 実験室内に自然環境を再現する試み 桑島 竜一朗 浦和実業学園高等学校
C000164 リラックスできる匂い 姉川 唯 私立広尾学園中学校
C000166 外来種のカラドジョウが在来種のドジョウに及ぼす影響 小川 莞生 浦和実業学園中学校・高等学校
C000192 ピザの定理の正N角形への拡張 岩川 暢澄(教諭) 文京学院大学女子高等学校
C000193 岡山産の果物による水素発酵の可能性に関する研究2 森岡 俊介 岡山県立玉野高等学校
C000197 タイ米と日本米で作った米粉パンの製作 岩川 暢澄(教諭) 文京学院大学女子高等学校
C000208 黒い津波の 形状、高さ、速度 岩川 暢澄(教諭) 文京学院大学女子高等学校
C000213 チョコレート主成分が関連する担子菌に及ぼす影響 佐野 広空 三田国際学園高等学校
C000214 木質ペレットの炭化による吸着効果 岩川 暢澄(教諭) 文京学院大学女子高等学校
C000220 染料を含んだ水の蒸発量 岩川 暢澄(教諭) 文京学院大学女子高等学校
C000221 水平鉛直どちらでも自由に作動するブラインドの制作 池本 優磨 岡山県立玉野高等学校
C000224 音の大きさを左右する要因~夏は音が聞こえづらい?~ 竹内 亜衣 千葉市立山王中学校
C000235 ミドリムシの植物成長促進効果の発見と検討 佐藤 美結 三田国際学園高等学校
C000243 珪藻と緑藻でオイルを効率よく作る 佐藤 優衣 多摩科学技術高等学校
C000253 麹菌の分泌物と菌糸成長の関係 崩岡 万由希 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校
C000261 HHOガスが生物にもたらす影響の検討 今村 杏瑚 三田国際学園高等学校
C000262 プラナリアの増殖と記憶保持に環境が与える影響の考察 宮城 海鳴 三田国際学園高等学校
C000270 ジャイロミル型風車の性質~無指向性は本当か?~ 塩谷 明日香 三田国際学園高等学校
C000284 混合した衝突球の隙間による変化 井田 脩介 学校法人 玉川学園高等部
C000297 マヌカハニーによる高血圧抑制効果の検討 ジランサッジャウィジット マニーラット 神奈川県立中央農業高等学校
C000306 三保松原における地域乳酸菌の活用研究 兵庫 未桜 静岡県立静岡農業高等学校
C000309 柱状節理の断面の形と溶岩流の粘性の関係 高倉 幹太 海城高等学校
C000314 ダイラタンシー現象の研究と利用について 榛澤 逸希 山村学園高等学校
C000320 アクリル管による気柱共鳴の研究 歌川 喜矢 学校法人 玉川学園高等部
C000325 マウス腸内フローラから痩せる乳酸菌チョコ発見! 稲田 未来 山村学園 山村国際高等学校 生物部
C000338 ヤーコンによる糖尿病マウスのインスリン抵抗性の予防 今井 柚貴 山村学園 山村国際高等学校 生物部
C000358 歩行虫の調査から自然環境を探る 茂木 宏仁 浦和実業学園高等学校
C000366 カネノナルキは何故再生出来るのか? 井上 遥 ジュニアドクター育成塾
C000371 背泳ぎのローリングによる推進への影響 八重田 優 学校法人玉川学園玉川学園高等部
C000376 セミの生態~セミの羽化条件について~ 染田 昌哉 佐野日本大学高等学校
C000379 ヒラメ生産工場 金 駿 浦和実業学園中学高等学校
C000398 引張力に強いコンクリートの開発 長谷川 想 玉川学園高等部
C000408 メダカの行動パターンに関する研究 柳川 優稀 東海大学付属浦安高等学校

ポスター発表演題
※記載順は発表順ではございません。

受付番号 タイトル 代表研究者 所属機関
C000008 E発電~Enjoy・Eco・Enrich~ 齋藤 優佳 宮崎西高等学校付属中学校
C000017 川や浜辺のゴミを回収するロボットの作成 藤野 陽彬 ジュニアドクター育成塾NESTドクターコース
C000027 ミドリムシの走光性に関する研究 小島 嵩史 東海大学付属高輪台高等学校中等部
C000031 千葉県市原市チバニアン層におけるナノ示準化石の発見 高橋 奈那 千葉市立都賀中学校
C000033 耐圧容器を必要としない人工ダイヤモンドの生成 吉岡 稟音 千葉市立都賀中学校
C000043 黄色ブドウ球菌の天敵を探る 稲田 愛音 群馬県立太田女子高等学校
C000075 天然酵母が作る膜の活用に向けて 大羽 涼梨 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校
C000090 カメレオンエマルションの謎 藤田 寛興 立教池袋高等学校
C000091 酵母がアルコール発酵を行う理由 蒲谷 桜 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校
C000092 ボルタ電池の研究 横田 優 茨城県立緑岡高等学校
C000112 他者の行動が与える影響 今林 双葉 昭和女子大学附属昭和中学校
C000121 ゆめちから栽培研究プロジェクト〜日本橋編〜 大西 亮太郎 開智日本橋学園中学・高等学校
C000124 浮体式洋上風力発電の研究 中沢 航 文教大学付属中学校・高等学校
C000135 植物プランクトンの分布から見た駿府城堀の水質調査 山梨 有芽 私立静岡雙葉高等学校
C000154 港のゴミをクリーンに回収する機体の開発 河野 雄瑠 ジュニアドクター育成塾NESTドクターコース
C000204 クチナシの実を用いた最適緑化条件の検討 岩川 暢澄(教諭) 文京学院大学女子高等学校
C000207 拍手の研究 岩川 暢澄(教諭) 文京学院大学女子高等学校
C000209 ビタミンCを用いたバナナの変色防止効果 岩川 暢澄(教諭) 文京学院大学女子高等学校
C000210 チョコレートによるミドリムシの増殖量の変化 渡邉 佳乃子 三田国際学園高等学校
C000227 糸電話実験~条件の違いによる音量と音質の変化 長田 虎徹 鶴見大学付属中学校・高等学校
C000236 身近にある炎色反応の安全化用教材 末岡 晃太郎 文教大学付属中学校・高等学校
C000247 低融点金属の最低融点 東 拓優 立教池袋中学校
C000252 テルミット反応のスモールスケール化 嵯峨野 渉 立教池袋高等学校
C000254 Wntシグナルがニワトリ胚に与える影響 黒石 紀夏 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校
C000258 マッチ棒の点火時に発生する漂白性気体の考察 山下 佳乃 千葉市立都賀中学校
C000272 電極の形状の工夫による水素抽出の効率化 小西 巧真 国立名古屋大学教育学部附属中・高等学校
C000283 ミミズの土壌改良効果と土の種類の関係 篠田 悠也 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校
C000287 ルビーの生成実験 三上 玲鳳 立教池袋中学校
C000289 酵母に光を当ててみたら~カラフルな光と発酵~ 村上 春菜 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校
C000292 麹菌の糖化量と光照射条件の関係と結果の正確性の向上 亀ヶ谷 悠斗 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校
C000310 落花生のパートナーは何処から〜宿主特異性について〜 江藤 毬花 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校
C000317 凝集沈殿法の応用と納豆菌を用いた浄水に関する研究 萩原 大翔 私立山村学園高等学校
C000324 パルスジェットエンジンカー 濱田 知宏 立教池袋高等学校
C000332 加工抗菌食材の食中毒原因菌におよぼす抗菌効果 田中 さくら 山村学園 山村国際高等学校 生物部
C000333 ペーパーディスク法によるヨーグルトの抗菌効果の測定 髙野 公輝 山村学園 山村国際高等学校 生物部
C000335 催唾剤によるマウスの唾液からストレス評価の試み 村田 珠羽 山村学園 山村国際高等学校 生物部
C000337 マイクロバブルを用いたナマズの成長促進効果について 池田 拓史 私立浦和実業学園中学校高等学校
C000340 微生物を用いたシュレッダーダストの分解に関する研究 浅野 龍 神奈川県立平塚江南高等学校
C000345 麹菌の成長に光が与える影響 吉村 涼矢 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校
C000355 LINEによるコミュニケーションと同調圧力の関係 大谷 理歩 学校法人玉川学園玉川学園高等部
C000356 天然記念物カラスバトはどのような環境を好むのか 藤島 優也 東京都立国分寺高等学校
C000369 円偏光板を用いたヤングの干渉実験 片岡 大河 三田国際学園高等学校
C000377 多葉のクローバーを作ろう~最後は世界ギネス記録~ 大谷 文乃 東京学芸大学附属竹早小学校
C000381 Analysis of brainwaves to determine the difference of sleeping patterns in pre-adults and adults 内藤 蛍 東京学芸大学附属国際中等教育学校
C000384 湧水の水質から見る地下水挙動~おとめ山公園にて~ 酒井 駿輔 私立海城高等学校
C000386 オオバコ種子とシロツメクサ種子の発芽促進について 丸田 環 東京大学教育学部附属中等教育学校
C000387 河川堤防を想定した土の違いにおける浸透の様子の実験 一杉 琥太朗 学校法人玉川学園玉川学園高等部
C000388 遺伝子組み替え大腸菌でPETフィルムを分解する 田中 咲綺 三田国際学園高等学校
C000393 プログラミングを活用した手作り地震計の作成 横山 利一 東京都立富士高等学校附属中学校
C000400 カミキリムシ幼虫能力のバイオエタノール生産への活用 横山 景星 私立三田国際学園高等学校
C000402 音楽を条件刺激としたメダカの学習行動と聴き分け 當山 凌子 東京大学附属中等教育学校
C000403 球の転がり摩擦力と速さの関係 浅倉 ゆい 学校法人 玉川学園高等部
C000409 ミズクラゲの飼育における行動観察 田中 智陽 東海大学付属浦安高等学校
C000410 圧電素子発電のための振動体研究 斎藤 碧 東京大学教育学部附属中等教育学校
C000419 風呂場の汚れの落ちやすさと水の弾きやすさの関係 長谷川 雄士 聖光学院中学校高等学校
C000420 細胞培養で食料問題を解決 石川 侑弥 ジュニアドクター育成塾NESTドクターコース
C000422 三浦の特産物による水素発酵の可能性 西村 ドンジョヴァンニ 三浦市立初声中学校
C000423 箏で同じ音階の音を異なる奏法で弾いたときの波の違い 岩川 暢澄(教諭) 文京学院大学女子高等学校
C000424 トライアングルの打つ位置と角度を変えたときの違い 岩川 暢澄(教諭) 文京学院大学女子高等学校
C000425 アントシアニンと腸内細菌の関係:健康向上を目指して 安藤 和泉 東京学芸大学附属国際中等教育学校
C000426 非接触型触覚提示装置 望月 草馬 奈良女子大学附属中等教育学校
C000428 LMガイドと力学台車の性能 吉岡 廉太 北海道紋別高等学校
C000433 昇降機能付自動追尾ロボット 吉原 煌亜 関西国際学園
C000434 廃品を利用した空き缶つぶし機の製作 小野 浩太 山形県立村山産業高等学校
C000441 海洋プラスチックゴミ回収装置の開発 浅野 凪 荒川区立南千住第二中学校

口頭発表審査員

髙橋 修一郎  審査員長
株式会社リバネス 代表取締役社長 COO
東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程修了、博士(生命科学)。設立時からリバネスに参画。大学院修了後は東京大学教員として研究活動を続ける一方でリバネスの研究所を立ち上げ、研究開発事業の基盤を構築。独自の研究助成「リバネス研究費」や未活用研究アイデアのデータベース「L-RAD」のビジネスモデルを考案し、産業界・アカデミア・教育界を巻き込んだオープンイノベーション・プロジェクトを数多く仕掛ける。

都筑 幹夫
一般社団法人 日本先端科学技術教育人材研究開発機構 代表理事
一般社団法人 日本先端科学技術教育人材研究開発機構(JASTO)代表理事。東京薬科大学名誉教授(生命科学部)。専門は植物生理学。特に、微細藻類の光合成。地球温暖化の原因とされている大気中あるいは排出される二酸化炭素を固定化し、有機物として再び利用するための技術(CCU)開発とその社会実装化の研究を行っています。「現代生命科学の基礎」(教育出版、編集)、「生命科学がわかる」(技術評論社、工藤佳久先生との共著)」など。

衛藤 健太郎
THK株式会社 技術本部事業開発統括部 課長
大学卒業と同時にTHKへ入社。入社以来、産業用直動ベアリングを多くの分野で役立てるために新規分野用(民生)の製品開発に従事。業務用家電機器などの新規分野を開拓し、直動ベアリングの可能性を再認識する。現在は外部技術と自社技術を組み合わせた新規事業開発に従事。

須貝 威
慶應義塾大学 薬学部 教授
バイオ・生物資源・有機合成を組み合わせた医薬の合成研究が専門。GSC事業や日本化学会の教育・普及部門などを通じ、高校生の実験や研究受け入れに多数協力している。日本農芸化学会フェロー。

溝口 剛
国際基督教大学教養学部自然科学デパートメント教授 研究戦略支援センター長
筑波大学大学院生物科学研究科生物学専攻修了 博士(理学)。大学院修了後は理化学研究所研究員、筑波大学准教授等を経て現職に至る。専門は植物に関する分子生物学、分子遺伝学、時間生物学等。内閣府・上席科学技術政策フェロー等、府省や日本学術振興会の業務も担当。

蒲池 利章
東京工業大学 生命理工学院 教授
生命理工学研究科バイオテクノロジー専攻修了 博士(工学) 同大学生命理工学研究科助手、講師、助教授、名古屋大学工学系研究科准教授を経て、現職。専門は、生物工学、生物無機化学。現在、日本化学会「化学と教育」誌編集副委員長などを担当。

皆川 勝
東京都市大学 副学長(教育担当)・教育開発機構長・工学部都市工学科教授
武蔵工業大学大学院工学研究科土木工学専攻修了 工学博士、技術士(建設部門)同大学工学部土木工学科助手、講師、助教授、教授を経て現職。専門は建設マネジメント、建設情報マネジメント、技術者倫理。これまで土木学会・情報利用技術委員会委員長、倫理社会規範委員会幹事長などを任じられ、現在は国土交通省BIM/CIM推進委員会委員、インフラメンテナンス国民会議実行委員などとしても活動している。

山森 栄美 
北海道文教大学 人間科学部健康栄養学科 講師
東京農業大学大学院農学研究科修士課程修了。慢性腎臓病(CKD)における骨代謝異常に対する食品の機能性に関する研究を行う。大学院を修了後、服部栄養専門学校教員を経て現職。和食の料理人としての経験を活かし、おいしさを調理科学および栄養学的視点で捉え、おいしさと健康の両立という新たな研究領域の開拓を目指す。

発表校向け資料 – 口頭発表やポスター発表を行う方は、ご覧ください。ご案内メールでもお送りしています。

アクセス

最寄り駅 路線 最寄り駅から武蔵野キャンパスまでのアクセス
吉祥寺駅 JR中央線
JR総武線
東京メトロ東西線
京王井の頭線
北口1番乗場よりバス15分 「武蔵野大学」下車すぐ
三鷹駅 JR中央線
JR総武線
東京メトロ東西線
北口3番乗場よりバス10分 「武蔵野大学」下車すぐ
武蔵境駅 JR中央線
西武多摩川線
北口3番乗場よりバス7分 「武蔵野大学」下車すぐ
田無駅 西武新宿線 徒歩15分
北口5番乗場よりバス5分 「向台1丁目」下車 徒歩5分
ひばりヶ丘駅 西武池袋線 南口1番乗場よりバス20分 「向台1丁目」下車 徒歩5分
東伏見駅 西武新宿線 南口バス乗り場から「はなバス」で「武蔵野大学」下車。

※ 詳細は武蔵野大学中学校・高等学校の 交通アクセス をご確認ください。