申し込み一次締切:6月29日(金)17時 必着
申し込み二次締切:7月13日(金)17時 必着

参加申し込みはこちらからお願いします!

キャンプの狙い

研究好きな中高生がチームで実験、仮説検証、発表することで研究力を更に向上させます!

こんな皆さんを待っています!

  • 研究が大好きでもっとスキルアップしたいと思っている人
  • まだ始めていないけれど、今すぐにでも研究を始めたいと思っている人
  • 学校、国境を越えたチームで研究課題に挑戦したい人


企業や大学の研究メンターと課題解決の考え方、実践を学びます。

阿蘇のフィールドでデータ収集、仮説検証を通して研究活動を体験

研究結果をサイエンスキャッスルで発表!

スケジュール

研究プロジェクトについて

プロジェクト①風力発電に挑戦しよう!

化石エネルギーに頼らないエネルギーの代表に、風力発電があります。ミニ風力発電を作りながら、普段使っているエネルギーの量や身近なエネルギーについて学びます。

1日目

  • 【講義】エネルギーについて
  • 【講義】風力発電について
  • 【ワーク】基本形を作ろう
  • 【ワーク】仮説を立てて、図面書こう
  • 【ワーク】風力発電機を制作しよう
  • 【試験】作った風力発電の発電量測ろう

2日目

  • 【ワーク】風力発電機を制作しよう〜続き
  • 【実証実験】みんなで発電しよう
  • お昼休憩
  • 【発電実験】電気を使おう!

プロジェクト②火山の秘密を探るフィールドワーク

阿蘇にはたくさんの火山があります。実際にフィールドで岩石を採取、分析することで、地球科学の魅力を体験し、火山の成り立ちを探求します。

1日目
【講義】火山研究と阿蘇の自然環境、フィールドワークについて
フィールドへの移動
【フィールドワーク】火口の観察、噴出物の観察、噴出物の採取
【観察、実験】
観察・実験の説明、観察・実験、結果の記録

2日目
【講義】日本の火山、世界の火山
【特別講義】
硫黄島とカルデラの不思議(大岩根 尚 氏 博士(理学))
お昼休憩
【結果まとめ】フィールドワークの結果まとめ

私たちといっしょに研究しましょう!

戸上 純(とがみ まこと) 先生

熊本県生まれ。熊本大学大学院自然科学研究科で、低環境負荷で高出力な燃料電池開発のための電極の研究に携わる。博士(学術)。

仲栄真 礁(なかえま しょう)先生

沖縄県生まれ。サンゴがもつ光るタンパク質とストレス応答の関係を研究しながら、沖縄本島の海岸環境を40年前と比較する調査にも参加。博士(理学)。

戸金 悠(とがね ゆう)先生 

神奈川県出身。東京農工大学連合農学研究科で、ショウジョウバエを扱い、脳がどのように形成されるのかを研究していた。遺伝子や神経、生き物の「形」に関する研究が強み。博士(農学)。

前田 里美(まえだ さとみ)先生

埼玉県出身。高校卒業後、アメリカへ。心理学で学士、修士、博士号を取得。大学では、アカデミックアドバイザーとして働きながら研究に携わる。Ph.D. in Human Factor’s Psychology。 

実施場所と費用

日程:2018年8月7日、8日、9日、10日(3泊4日)
場所:阿蘇の司 ビラパークホテル&スパリゾート(http://asovilla.jp/
住所:〒869-2225 熊本県阿蘇市黒川1230
参加者:日本国内、シンガポール、マレーシアの中高生
人数:50名
費用:
12万円(東京発)
11万円(大阪発)
7万2000円(現地集合)※阿蘇ファームランドにて昼食からの合流
(羽田空港、新大阪空港からの旅費、宿泊費、参加費を含む)
※旅行手配は、株式会社近畿日本ツーリスト関西が行います。

参加申し込み方法

氏名、学校、学年、参加理由と意気込みを添えて、[email protected]へご連絡、もしくはフォームへご記入ください。(担当:前田) 追って、旅行のお申込み書をお送りします。

お問い合わせ

ご不明点はお気軽にご連絡ください。
電話番号:03-5227-4198
メール:[email protected]
担当:前田、吉田