サイエンスキャッスル

サイエンスキャッスル2021 東北大会

大会名 サイエンスキャッスル2021 東北大会
日程 2022年1月29日(土)9:30-18:00
場所 宮城県富谷市成田公民館 アクセス

聴講者募集中

本学会は中高生、中高教員、研究者、企業関係者、一般の方の聴講参加を受け付けております。必ず事前申込みが必要になります。

登録にはリバネスIDの登録が必要になります。
リバネスIDとは https://id.lne.st/whatis
リバネスIDの新規登録 https://id.lne.st/pre_regist

近隣県から1校もしくは近隣校と合同で25名以上参加者がいる場合は、バスの手配についてご相談に乗りますので、事務局までお問い合わせください。

特別講演・企画 紹介

特別講演①

東北大学 材料科学高等研究所 教授 西原 洋知 氏

東北大学材料科学高等研究所、多元物質科学研究所に所属し、20年以上カーボン材料に関わる研究に従事。 2010年にノーベル賞を受賞したグラフェンを用いて、革新的な材料の開発を目指す中で、カーボン新素材「グラフェンメソスポンジ(GMS)」を開発。2020年には、日本学術振興会賞を受賞し、アジアの科学者Top100に選定される。カーボン材料を知り尽くしたエキスパート。

特別講演②

株式会社ICOMA 代表 生駒 崇光 氏

株式会社タカラトミーで玩具試作や 「トランスフォーマー」の海外事業を担当。個人活動として、2019年12月頃より、電動折りたたみバイク「ハコベル(HAKOBELL)」を制作。 2021年、ICOMA Inc.を創業。HAKOBELLは、バイクとしての移動手段の他に、駐車場不要で震災などの災害時非常用電源としても活用できる。

中高生研究者・大学研究者によるパネルディスカッション

「研究の『師匠』を見つけよう」

研究の「師匠」を見つけることで、自分自身の進路を切り拓くきっかけになった中高生たちと、そのきっかけをつくった先輩研究者が登壇します。どのようにして、師匠を見つけることができたのか?そ今後の進路や将来やりたいことにどのような変化が生まれたのか?について熱くディスカッションをします。

富谷市内中高生による特別発表

富谷から発信しよう!未来の環境・エネルギーのかたち

富谷市の中高生が、自分たちの住む街や他の都市が行う水素エネルギー・ゼロカーボンに関する取り組みを踏まえ、今後あるべき富谷の未来について発表します。

共同主催

教育応援プロジェクト
サイエンスキャッスル2021東北大会 実行委員会

宮城県富谷市
宮城県富谷市
株式会社リバネス
株式会社リバネス

後援

青森県教育委員会

秋田県教育委員会

岩手県教育委員会

福島県教育委員会

宮城県教育委員会

山形県教育委員会

聴講者募集中

本学会は中高生、中高教員、研究者、企業関係者、一般の方の聴講参加を受け付けております。必ず事前申込みが必要になります。

登録にはリバネスIDの登録が必要になります。
リバネスIDとは https://id.lne.st/whatis
リバネスIDの新規登録 https://id.lne.st/pre_regist

近隣県から1校もしくは近隣校と合同で25名以上参加者がいる場合は、バスの手配についてご相談に乗りますので、事務局までお問い合わせください。

事務局・お問い合わせ

株式会社リバネス 教育開発事業部
担当:河嶋・前田
TEL:03-5227-4198 MAIL:[email protected]