サイエンスキャッスル

サイエンスキャッスル2022 関西大会

大会名 サイエンスキャッスル2022 関西大会
日程 2023年1月 29日(日)9:45-18:00
場所 大阪明星中学校・高等学校 アクセス

発表者(口頭発表・ポスター発表)向けマニュアル

マニュアルは随時更新されます。大きな変更があった際はメールでの連絡をしますが、軽微な修正については連絡を行いませんので、各自で確認をお願いいたします。

更新情報

  • 11月1日 公開

聴講者募集中

本学会は中高生、中高教員、研究者、企業関係者、一般の方の聴講参加を受け付けております。必ず事前申込みが必要になります。

事前申込みの締め切りは設定しませんが、会場定員になり次第、受付終了となりますので、お早めに申込みください。

発表代表者以外の共同研究者、引率教員も必ず事前申込みが必要となります。

登録にはリバネスIDの登録が必要になります。
リバネスIDとは https://id.lne.st/whatis
リバネスIDの新規登録 https://id.lne.st/pre_regist

口頭発表演題

O-01

吉村 心希(立命館高等学校)

吉村 心希(立命館高等学校)
より効果的な人工リーフの形状の考案

O-02

西本 達生(広島県立西条農業高等学校)

西本 達生(広島県立西条農業高等学校)
ツルムラサキの果実における有効利用に関する研究

O-03

松尾 恭加(大阪府立富田林高等学校)

松尾 恭加(大阪府立富田林高等学校)
河川の流れから考察する自然浄化の仕組みについて

O-04

古山 蒼亮(岐阜県立八百津高等学校)

古山 蒼亮(岐阜県立八百津高等学校)
山間のため池からマイクロプラスチックを発見

O-05

松尾 怜旺(大阪市立 宮原中学校)

松尾 怜旺(大阪市立 宮原中学校)
画像データをもとに 正確な水深を測定できる 安価な水中ドローンの研究

O-06

岸 優夏(大妻嵐山高等学校)

岸 優夏(大妻嵐山高等学校)
錬金術師の夢の改良 アルミ箔と界面活性剤を用いる方法

O-07

中川 咲良(奈良県立青翔高等学校)

中川 咲良(奈良県立青翔高等学校)
温湯処理によるヤマトマナのクロロフィル増加について

O-08

山本 莉里花(大阪府立富田林高等学校)

山本 莉里花(大阪府立富田林高等学校)
タイリクバラタナゴの赤色に対する特異な行動

O-09

杉原 貴絵(ノートルダム女学院高等学校)

杉原 貴絵(ノートルダム女学院高等学校)
牛乳でよりよいプラスチックの日用品はつくれるのか

O-10

加藤 乃絵奈(香蘭女学校高等科)

加藤 乃絵奈(香蘭女学校高等科)
藻の生物利用による物質生産 ~光合成の出来る繊維製品の開発の可能性を探る~

O-11

新井 晴(京都府立桃山高等学校)

新井 晴(京都府立桃山高等学校)
ツイスト・ダリウス型風力発電機の開発

O-12

飯田 慧土(清風高等学校)

飯田 慧土(清風高等学校)
ヨシが持つ2つの藍藻増殖抑制効果: Microcystis aeruginosaを用いた検証

当日のスケジュール

会場 メイン会場
ポスター会場 企画会場
9:00 開場 開場
9:45 開会式
(開会挨拶・パートナー紹介)
10:05 基調講演
10:30 <口頭発表>
口頭発表審査員紹介
口頭発表 O-01〜04
口頭発表 O-05〜08
口頭発表 O-09〜12
13:35 昼休み
14:15 ポスター前半・奇数番号  
15:05 ポスター後半・偶数番号  
16:05 特別企画 特別企画
17:05 表彰式・閉会式
18:00 終了
髙橋 修一郎

髙橋 修一郎 審査員長
博士(生命科学)
株式会社リバネス 代表取締役社長COO

東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程修了。リバネスの設立メンバー。リバネスの研究所を立ち上げ、研究支援・研究開発事業の基盤を構築した。これまでに「リバネス研究費」や未活用研究アイデアのプラットフォーム「L-RAD」など、独自のビジネスモデルを考案し、産業界・アカデミア・教育界を巻き込んだ事業を数多く主導している。2010年より代表取締役社長COO。

丸野 進
博士(工学)
追手門学院大学 心理学部心理学科 人工知能・認知科学専攻 教授

1978年に松下電器産業株式会社(現 パナソニック株式会社)入社。1987年~1989年に米国ユタ大学メディカルセンター客員科学研究員として神経生理、AI研究に従事。2001年以降、同社ヒューマンウェア研究所、知能情報技術研究所の所長を歴任し、2009年パナソニック株式会社の理事、技監に就任。2016年公益財団法人関西文化学術研究都市推進機構RDMM支援センター長に就任、2021年より現職。専門分野は知能情報処理、画像映像メディア処理、ニューロAI。

塩尻 かおり

塩尻 かおり
博士(農学)
龍谷大学 農学部 教授

博士(農学)。北海道大学農学部卒業、京都大学農学研究科博士課程修了(農学博士)。日本学術振興会海外特別研究員(UC Davis)、日本学術振興会特別研究員(京都大学生態研センター)、京都大学白眉センター助教を経て、2015年より現職。日本応用動物昆虫学会奨励賞、日本農学進歩賞、日本生態学会宮地賞、京都大学女性研究者たちばな賞、大学女性協会守田賞を受賞。学生時代から、植物と昆虫との関係に興味をもち、名前にちなんだ、「かおり」を介した関係に注目し研究を続けている。

圓林 正順

圓林 正順
博士(工学)
京セラ株式会社 研究開発本部 デバイス研究開発統括部 メディカル開発センター センター長 兼 社会実装開発センター センター長

1996 年九州大学工学研究科(修士課程)修了、同年京セラ株式会社に入社。人工骨設計、製造技術を担当。2004年 日本メディカルマテリアル株式会社に分社化、2013年より研究開発統括部長。2017年京セラ株式会社に事業統合後、同年設立したメディカル開発センターにて生体材料や生体センシング、ヘルスケアシステムの開発を推進し、2020年センター長。2022年より社会実装開発センターを兼務し、新規事業を推進。

林 幾雄

林 幾雄
博士(薬学)
バイエル薬品株式会社 オープンイノベーションセンター アライアンスマネジャー

東京大学大学院薬学系研究科生命薬学専攻博士課程修了 (博士 (薬学))。
University of California San Diego, Rady School of Management 卒業 (MBA)。

国内外製薬企業の研究職等を経て、現職では創薬イノベーション・エコシステムの醸成、創薬系スタートアップの支援、アカデミアとの連携を主な業務として活動しています。

長谷川 慎

基調講演
「一生学び続ける研究者というお仕事」

長谷川 慎 氏/長浜バイオ大学 フロンティアバイオサイエンス学科長・教授

みなさんは、理系研究者についてどのようなイメージをお持ちでしょうか。研究のお仕事は、いつも学ぶべきことが目の前にあって、エキサイティングで奥の深い知的職業です。研究のスタイルは、人によって千差万別、「研究の進め方」=「研究者の個性」といえるものです。この基調講演では、研究者を志したきっかけ、研究者になるための修行の日々、現在の研究の取り組みをご紹介します。大阪明星中学・高等学校の生物部のみなさんとの共同研究から発展した「環境中の細菌が作る化学物質の研究」についても少し紹介します。これは「研究する人生」の一例にすぎませんが、研究の魅力が少しでも伝わり、サイエンスキャッスルに参加したみなさんの進路を考えるヒントになれば幸いです。

<プロフィール>
1993年に大阪大学理学部化学科卒業の後、大学院進学して1999年に大学院理学研究科有機化学専攻を修了して博士になりました。大学院では病原菌の産生する毒素タンパク質(ペプチド)について研究しました。1999年から東京工業大学で博士研究員として武者修行し、2003年に新設の長浜バイオ大学に採用され、研究室を開設しました。2015年に教授に昇任し、現在に至っています。これまで、光技術を利用した迅速ウイルス検出法、薄膜フィルターを用いた微生物の分離・分析法、大気中の浮遊病原体の分析法など、バイオエンジニアリングっぽいテーマと、微生物などの作る化学物質から将来のお薬になりそうなものを探すケミカルバイオロジーのテーマといった少し趣の異なる二つの領域で研究しています。

【ワークショップ】
先輩研究者がサポート!みんなの中にある「研究テーマのタネ」を発見しよう

株式会社リバネス

【教員向けワークショップ】
バイオ技術で私たちの暮らしはどう変わる?

株式会社リバネス

※事前申込みを受け付けています

【ワークショップ】
先輩研究者がサポート!みんなの中にある「研究テーマのタネ」を発見しよう

株式会社リバネス

実施会場:企画会場A
実施時間:16:05〜16:55

みなさんは普段、どのようにして研究テーマを決めていますか。研究テーマのもとになる「タネ」は、みなさんが好きなことや、興味・関心の中にあります。それらを育てて研究テーマにしてきた先輩研究者と一緒に、あなただけの「タネ」を見つけるワークショップを開催します。自分でオリジナルの研究テーマを立てたい方、次の研究テーマについて考え始めている方は、ぜひご参加ください!

【教員向けワークショップ】
バイオ技術で私たちの暮らしはどう変わる?

株式会社リバネス

実施会場:企画会場C
実施時間:16:05〜16:55

事前申込みの方より先着で受け付けいたします。残席があれば当日参加も可能です。

ゲノム編集技術やバイオプラスチックなど、先端バイオ技術と私たちの暮らしのつながりを紹介します。また探究・課題研究のテーマに使える授業教材や理科ポスターもご紹介します。

ブース企画一覧

ポスター会場にて、以下の企画のブース展示を実施します。

海や水環境の研究に挑戦しよう! マリンチャレンジプログラム

日本財団・JASTO・株式会社リバネス

マリンチャレンジプログラムは海や水環境の研究をはじめたいあなたを応援するプログラムです。このブースでは、過去の研究テーマを紹介しつつ、研究テーマ立案のアドバイスやマリンチャレンジプログラムの紹介も行います。

バイオ技術で私たちの暮らしはどう変わる?

株式会社リバネス

ゲノム編集技術やバイオプラスチックなど、先端バイオ技術と私たちの暮らしのつながりを紹介します。また、探究・課題研究のテーマに使える動画やスライドなどの授業教材についてもご紹介します。モデル授業実施校も募集中です!

パートナー

追手門学院大学
追手門学院大学
株式会社フォーカスシステムズ
株式会社フォーカスシステムズ
ロート製薬株式会社
ロート製薬株式会社
一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構
一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構

主催・企画運営

株式会社リバネス