日本最大級の中高生のための学会 サイエンスキャッスル

サイエンスキャッスルは2012年に大阪で、研究・開発に挑戦する中高生のための学会として始まりました。
現在では開催場所も増え、民間企業、大学、研究者の学会が応援する、日本最大級の学会に成長しています。
さらに、研究費や相談窓口、キャッスルゼミなどといった、中高生の日々の研究を加速する取り組みも始まっています。
サイエンスキャッスルは未来を担う研究者の登竜門として、多くの中高生が巣立つ場となっています。

本プロジェクトは「教育応援プロジェクト」の取り組みの一環として運営されています。
サイエンスキャッスルではパートナーとなっていただける大学や企業を募集しています

サイエンスキャッスル2018−2019は以下のパートナーの皆様と一緒に進めています。

サイエンスキャッスル本大会は年に一度、全国各地で開催される中高生のための研究発表大会です。
2018-2019シーズンも11月のシンガポール大会を皮切りに全国で実施します。

サイエンスキャッスル2018-2019特設サイトを公開しました

サイエンスキャッスル2017関東大会の様子

本大会実績

サイエンスキャッスル本大会は2012年に始まりました。過去の本大会については下記累計実績をご覧ください。

キャッスル研究費 (1)

中高生のためのサイエンスキャッスル研究費

オリジナルの研究に挑戦する中高生を後押しするために生まれた研究費です。費用がなくて、現在研究することを諦めていた研究者の卵が、すぐに研究をスタートし科学技術の発展を牽引してくれることを願っています。

現在二種類のサイエンスキャスル研究費申請受付中

小5〜中2対象NESTプロジェクト

小学生・中学生のための研究所が「NESTプロジェクト」です。
自分の好きなものや、興味のあることを追求し、自分で研究計画をたて、成果をあげていくことを目指しています。
さあ、私たちと一緒に、自分だけの世界初を見つけに行きましょう。

特設HPはこちらから!

日本財団とリバネスでは、海洋分野での課題を見つけ、人と海との未来を創り出す仲間づくりのため、マリンチャレンジプログラムを開始しました。海・水産分野・水環境にかかわるあらゆる研究に挑戦する中高生研究者を対象に、研究資金助成や研究アドバイザーによるサポートを行っています。
マリンチャレンジプログラム

第二回マリンチャレンジプログラム実施中!

サイエンスキャッスルを運営する私たちリバネスは、「身近なふしぎを興味に変えて、自ら事を仕掛けようとする中高生」をサイエンスキャッスル研究員として、ともに「科学技術の発展と地球貢献を実現する」仲間になってもらいたいと考えています。

サイエンスキャッスル研究員には科学雑誌『someone』と最新の科学ニュース『サイエンスブリッジニュース』が届くだけでなく、中高生のための研究費さ『サイエンスキャッスル研究費』や『キャッスルゼミ』の情報がいち早く届きます。

サイエンスキャッスル研究員募集ページ