サイエンスキャッスル

  • HOME
  • 企業の方へ
partners

企業の方へ

INDEX
  1. 01サイエンスキャッスル パートナー
  2. 02パートナーシップの取扱い
  3. 03パートナーシップのお申し込み
01

サイエンスキャッスル パートナー

サイエンスキャッスルでは、リバネス、パートナー(企業、大学)と連携を図りながら、10代の研究者たちの感性を刺激し、研究活動を促進しています。パートナーとなる団体それぞれの特性や意向に沿ったかたちで、パートナーシップを構築していきたいと考えています。

企業におけるサイエンスキャッスルでのパートナーシップの位置づけも変化しています。CSR(企業の社会的責任)として注目されたり、研究は難しいからぜひ支援を応援したい、XXX分野における次世代の研究人材を育てる、という理念を掲げた企業もあります。近年では、世代の垣根を超えて共通の目標(2050年に向けた大胆な研究がしたい、社会全体で健康や障害と向き合いたい等)を掲げる企業も現れてきました。だんだんと、企業と10代の研究者の目線がそろい、対等な関係になってきています。

こういった活動に、パートナー企業の社員が参加することにより、「自分も、もっとやりたいことをやろうと思った」「モチベーションが高まった」「キャリアの考え方が変わった」という声があがるようになります。自社の根っこにある価値観にふれたり、10代と直接話し合うことで刺激を受け発想を豊かにすることができます。エンゲージメント・サーベイの数値が向上したという知らせもリバネスには届いています。

企業の研究活動に新しい風を吹き込みたい際は、ぜひご連絡ください。

02

パートナーシップの取扱い

パートナーシップには大きく5つの参加事業があります。

大会事業

東京、大阪、アジアの大会等でブース出展、審査員の派遣、特別企画を行います。

ブースではアイデア交換や物品配布が可能です。大会に参加する100−200人の10代と、付添の先生方と話すことで、教育との結びつきを強くつくることができます。

コーチ事業

研究コーチとして、研究発表にむけたプレゼンへの助言や、専門的な機材・ソフトウェアを用いた研究指導にあたっていただきます。

研究費事業

サイエンスキャッスル研究費を設置し、パートナー様が設定したテーマに沿った研究をあつめ、特に優れた発想の申請に対し研究費を支給して、研究を応援する事業です。金銭的支援だけでなく、専門的な機材提供や研究コーチの配置を同時に行うことができます。6か月〜9か月の関わりあいを通じて、深い協働体験をつくることができます。

未来ワークショップ事業

10代の研究者の発想力を借りて、企業人の発想を思い切り変え、実行力を生み出すためのワークショップです。20年先(2050年代)のことを考えてもらい、その時「研究者として一人前になりバリバリ研究している状態」を鮮明に想像します。すると、未来人になった自分は現在の自分たちに何と言うでしょうか?この未来を見てしまった10代からの投げかけをもとにして、現在の研究のあるべき姿を描き出そうという試みです。パートナーからは「2050年の森」「2050年の宇宙利用」などテーマ設定によるワークショップ方向づけと、10代の研究者とのディスカッションに参加していただきます。

次世代研究所事業

サイエンスキャッスルの大会のあと、授業やクラブ活動の終了、受験などの進路イベントや、大学初年次の研究環境へのアクセス不十分さから「高校までやってきた研究を断念せざるをえない」というギャップが生じています。これを解消するために、大会出場経験者(アラムナイ)が立ち上げたのが次世代研究所です。自分たちの研究の場を自分たちでつくる、という趣旨で活動を開始しています。

ここにサイエンスキャッスル研究費と大会という枠をさらに飛び越えて、長期的な関わり合いをつくることができます。

03

パートナーシップのお申し込み

本当に自社に合っているのか、どういう活動が具体的に可能なのか、面談のうえ提案させていただいております。お気軽にお問い合わせください。

株式会社リバネス 教育開発事業部
TEL:03-5227-4198
MAIL:[email protected]