サイエンスキャッスル

サイエンスキャッスル2022 東北大会

大会名 サイエンスキャッスル2022 東北大会
日程 2022年12月18日(日)11:45-18:00
場所 山形県立米沢興譲館 アクセス

発表者(口頭発表・ポスター発表)向けマニュアル

マニュアルは随時更新されます。大きな変更があった際はメールでの連絡をしますが、軽微な修正については連絡を行いませんので、各自で確認をお願いいたします。

更新情報

  • 11月1日 公開

聴講者募集中

本学会は中高生、中高教員、研究者、企業関係者、一般の方の聴講参加を受け付けております。必ず事前申込みが必要になります。

事前申込みの締め切りは設定しませんが、会場定員になり次第、受付終了となりますので、お早めに申込みください。

発表代表者以外の共同研究者、引率教員も必ず事前申込みが必要となります。

登録にはリバネスIDの登録が必要になります。
リバネスIDとは https://id.lne.st/whatis
リバネスIDの新規登録 https://id.lne.st/pre_regist

要旨集ダウンロード

要旨集のダウンロードはこちらから可能です。聴講時だけでなく、次年度の研究活動にもご活用ください。

口頭発表演題

O-01

上野 能登(山形県立米沢興譲館高等学校)

上野 能登(山形県立米沢興譲館高等学校)
ゼーベック効果を用いた太陽光発電の高効率化

O-02

熊谷 吏花(宮城県気仙沼高等学校)

熊谷 吏花(宮城県気仙沼高等学校)
鳴き砂海岸の形成について

O-03

相馬 輝紀(八戸工業大学第二高等学校)

相馬 輝紀(八戸工業大学第二高等学校)
ウミネコの繁殖に対するキツネの影響

O-04

安齋 穂乃花(山形県立米沢興譲館高等学校)

安齋 穂乃花(山形県立米沢興譲館高等学校)
環境 DNA を用いたキタノメダカ(Oryzias sakaizumii)と ミナミメダカ(Oryzias latipes)の生息域調査およびマップ作成

O-05

佐々木 梨乃(福島市立大鳥中学校)

佐々木 梨乃(福島市立大鳥中学校)
泥電池の不思議

O-06

硯里 陽介(山形県立米沢興譲館高等学校)

硯里 陽介(山形県立米沢興譲館高等学校)
ゼラチンを用いたDNA抽出法

O-07

森谷 岳琉(山形県立村山産業高等学校)

森谷 岳琉(山形県立村山産業高等学校)
夏に芋煮が食べたい山形県民の思いを叶えるための研究

当日のスケジュール

会場 メイン会場
ポスター会場 企画会場
11:00 開場 開場
11:45 開会式
(開会挨拶・パートナー紹介)
12:05 基調講演
12:25 <口頭発表>
口頭発表審査員紹介
口頭発表 O-01〜04
口頭発表 O-05〜08
14:40 ポスター前半・奇数番号  
15:20 ポスター後半・偶数番号  
16:10 特別企画 特別企画
17:10 表彰式・閉会式
18:00 終了
高橋 宏之

高橋 宏之 審査員長
博士(理学)
株式会社リバネス 執行役員

2009年横浜市立大学大学院博士後期課程修了。博士(理学)。40歳以下の若手研究者を対象にした「リバネス研究費」の立ち上げなど、産業界と若手研究者との間で新たな研究プロジェクトを生み出すことを中心に従事。さらに、アカデミアの枠組みにとらわれずに個々人の知識、技術、課題解決に対するパッションを合わせることで、新たな知識、研究開発のタネを生み出す場、「超異分野学会」を仕掛け続けている。

村松 淳司
工学博士
東北大学副理事(次世代放射光計画担当)
国際放射光イノベーション・スマート研究センター長・教授

1959年愛知県豊川市出身。専門分野は工業物理化学。1998年東京大学大学院工学研究科博士課程修了(工学博士)、1989年東北大学助手、2001年東北大学教授、2015年東北大学多元物質科学研究所長併任(2020年3月までの任期)、2019年副理事(次世代放射光計画担当)、国際放射光イノベーション・スマート研究センター長併任。これまでに発表したオリジナル論文は205報、被引用件数は4,191件、論文の質と量の両方を定量化した指数h-indexは32である。多くの学会の理事,副会長などを歴任し、本年度から石油学会会長に選出されている。

渡部 有隆
博士(コンピュータ理工学)
会津大学 コンピュータ理工学科/情報システム学部門 上級准教授

2007年会津大学大学院コンピュータ理工学研究科博士取得(コンピュータ理工学)。日本学術振興会特別研究員(PD)、2009年会津大学准教授を経て2016年より現職。プログラミングの自動採点システムAizu Online Judgeを開発し、10万人のユーザ登録を得ている。現在、さらに学習を支援するためのユーザインタフェースや支援機能の開発と研究を進めている。

神戸 士郎
理学博士
山形大学大学院理工学研究科 教授

大阪大学大学院理学研究科前期課程修了、理学博士(東京工業大学)、スーパーサイエンスハイスクール審査員歴任。
光触媒及び高温超伝導体の探索と物性評価についての研究を行なってきた。機能性セラミックス中の酸素量を高速、高感度で測定する新たな方法についても開発を進めている。

田畑 和彦
博士(農学)
協和発酵バイオ株式会社 執行役員 R&BD部長 兼 生産技術研究所長

1996年協和発酵工業株式会社入社。東京研究所・生産技術研究所にて、オリゴ糖、ジペプチドなどの製造に関する新規バイオプロセス開発に従事。2008年協和発酵グループとキリングループとの戦略的提携および協和発酵バイオ株式会社への分社後も、継続して新規プロセス開発・新規事業創造に従事し、2022年4月より現職。農学博士。

基調講演
「次世代放射光施設NanoTerasuで何が見えますか?」

村松 淳司 氏/東北大学国際放射光イノベーション・スマート研究センター センター長・教授、副理事(次世代放射光計画担当)

現在,東北大学青葉山新キャンパス内で建設中の、世界最高性能で最先端の次世代放射光施設NanoTerasu。ファーストビームは来年の冬頃、そして運用開始は2024年4月の予定。この施設を使って、僕らは何を見ることができるんだろう。僕らは何を知ることができるんだろう。

<プロフィール>
1959年愛知県豊川市出身。専門分野は工業物理化学。1998年東京大学大学院工学研究科博士課程修了(工学博士)、1989年東北大学助手、2001年東北大学教授、2015年東北大学多元物質科学研究所長併任(2020年3月までの任期)、2019年副理事(次世代放射光計画担当)、国際放射光イノベーション・スマート研究センター長併任。これまでに発表したオリジナル論文は205報、被引用件数は4,191件、論文の質と量の両方を定量化した指数h-indexは32である。多くの学会の理事、副会長などを歴任し、本年度から石油学会会長に選出されている。

公益財団法人ベネッセこども基金

【教員向けワークショップ】
身近に取り組むD&I研究のススメ
〜ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)とは、自分を研究すること〜

パートナー:公益財団法人ベネッセこども基金

※事前申込みを受け付けています

弘前大学健康未来イノベーション研究機構

【特別講演】
ビッグデータとAIから見える健康の未来

パートナー:弘前大学健康未来イノベーション研究機構

【ワークショップ】
東北の研究開発型ベンチャーや研究者が取り組む
研究成果の社会実装を一緒に考えよう!

株式会社リバネス

※事前申込みを受け付けています

【教員向けワークショップ】
バイオ技術で私たちの暮らしはどう変わる?

株式会社リバネス

※事前申込みを受け付けています

【教員向けワークショップ】
身近に取り組むD&I研究のススメ
〜ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)とは、自分を研究すること〜

パートナー:公益財団法人ベネッセこども基金

実施場所:企画会場A
実施時間:16:10〜17:00

公益財団法人ベネッセこども基金

事前申込みの方より先着で受け付けいたします。残席があれば当日参加も可能です。

東京大学の熊谷晋一郎先生、狛江第三小学校 森村美和子先生、ベネッセこども基金の方をお招きして、D&Iで重要な視点、「当事者(自分)研究」の考え方をお伝えするとともに、D&Iの分野で学校生活や、こどもたちの身の回りの活動の中で、身近に取り組める研究があることを紹介します。

熊谷 晋一郎

熊谷 晋一郎 氏

東京大学 先端科学技術研究センター 准教授

1977年山口県生まれ。生後すぐ脳性麻痺により手足が不自由となる。東京大学先端科学技術研究センター准教授、同バリアフリー支援室室長、日本学術会議連携会員、内閣府障害者政策委員会委員。小児科医、博士(学術)。専門は、当事者研究、小児科学。

森村 美和子

森村 美和子 氏

京都狛江市立狛江第三小学校 自閉症・情緒障害特別支援学級指導教諭

教育相談コーディネーター・学校心理士。国立大学の教育学部を卒業後、公立小学校教諭として知的障害学級、通級指導教室で実践を重ねる。現職教員の傍ら早稲田大学 教職大学院で学びを深め、現在は特別支援学級担任を務めている。長年にわたりその本質と向き合い、子どもの生きづらさを取り除く教育実践を重ねてきた。平成30年度文部科学大臣優秀教職員表彰を受賞。NHK U &i番組監修。著書に熊谷晋一郎監修の特別な支援が必要な子たちの「自分研究」のススメー子どもの「当事者研究」の実践(金子書房)。

青木 智宏

青木 智宏 氏

公益財団法人ベネッセこども基金 企画担当リーダー

公益財団法人ベネッセこども基金 事務局長。東京都町田市出身。(株)ベネッセコーポレーションのグローバル部門、学校部門を経て、2018年よりベネッセこども基金に出向。「重い病気を抱える子ども」や「経済的な困難を抱える子ども」の学び支援をするNPO等への助成事業の他、自主事業にて官民連携やテクノロジーを活用した新しい学びのモデルづくりや検証、政策提言などに取り組む。プライベートでは2007年からNPOや社会起業家たちとの交流会を開催。ミッションは「セクター間を越境する人流を増やす」こと。

前田 里美

株式会社リバネス 教育総合研究センター センター長

教育開発事業部/ 教育総合研究センター 高校を卒業後、渡米。Wright State University で人間工学心理学の修士、博士を取得。2010年にリバネスに入社。若手研究者向け研修、教員研修、中高生の国際教育企画の開発に従事。2018年4月から、リバネス教育総合研究センターのセンター長として、非認知能力の評価系と育成の研究を、学校現場の先生方と一緒に取り組む。

【特別講演】
ビッグデータとAIから見える健康の未来

パートナー:弘前大学健康未来イノベーション研究機構

実施場所:メイン会場
実施時間:16:10〜17:00

弘前大学健康未来イノベーション研究機構

ビッグデータから見える健康の未来 長寿県と短命県の違いはどこにあるのでしょうか?そこから健康問題の本質がみえてきます。弘前大学は、今、花王や味の素、イオン、ベネッセなどの大企業とコラボして、「寿命革命」を旗印に、健康長寿社会の実現をめざした巨大プロジェクトに取り組んでいます。健康ビッグデータをもとに病気を予測するAI(人工知能)の開発など、最先端の研究を紹介します。

村下 公一 氏

弘前大学 健康未来イノベーション研究機構長(拠点長)

青森県庁、ソニー、東大フェロー等を経て2014年より現職。弘前大学健康未来イノベーション研究機構では機構長((拠点長)として産学連携マネジメントを総括。文科省他政府系委員等多数。内閣府「第1回日本オープンイノベーション大賞」内閣総理大臣賞受賞(2019)。第7回プラチナ大賞・総務大臣賞受賞(2019)。第9回イノベーションネットアワード・文部科学大臣賞受賞(2020) 。
専門:地域産業(イノベーション)政策、社会医学

【ワークショップ】
東北の研究開発型ベンチャーや研究者が取り組む研究成果の社会実装を一緒に考えよう!

株式会社リバネス

実施会場:企画会場C
実施時間:16:10〜17:00

事前申込みの方より先着で受け付けいたします。残席があれば当日参加も可能です。

東北を拠点に、社会課題を解決しようとしているベンチャーや企業の方々に集まっていただき、その技術や思いを知るとともに、社会実装の方法や未来を一緒にディスカッションします。

【教員向けワークショップ】
バイオ技術で私たちの暮らしはどう変わる?

株式会社リバネス

実施会場:企画会場B
実施時間:16:10〜17:00

事前申込みの方より先着で受け付けいたします。残席があれば当日参加も可能です。

ゲノム編集技術やバイオプラスチックなど、先端バイオ技術と私たちの暮らしのつながりを紹介します。また探究・課題研究のテーマに使える授業教材や理科ポスターもご紹介します。

ブース企画一覧

ポスター会場にて、以下の企画のブース展示を実施します。

弘前大学健康未来イノベーション研究機構

ビッグデータとAIから見える健康の未来

弘前大学健康未来イノベーション研究機構

長寿県と短命県の違いはどこにあるのでしょうか?そこから健康問題の本質がみえてきます。弘前大学は今、DeNAや資生堂、花王、味の素などの大企業とコラボして、「寿命革命」を旗印に、well-being地域共創社会の実現をめざした巨大プロジェクトに取り組んでいます。健康ビッグデータをもとに病気を予測するAI(人工知能)の開発など、最先端の研究を紹介します。

海や水環境の研究に挑戦しよう! マリンチャレンジプログラム

日本財団・JASTO・株式会社リバネス

マリンチャレンジプログラムは海や水環境の研究をはじめたいあなたを応援するプログラムです。このブースでは、過去の研究テーマを紹介しつつ、研究テーマ立案のアドバイスやマリンチャレンジプログラムの紹介も行います。

バイオ技術で私たちの暮らしはどう変わる?

株式会社リバネス

ゲノム編集技術やバイオプラスチックなど、先端バイオ技術と私たちの暮らしのつながりを紹介します。また、探究・課題研究のテーマに使える動画やスライドなどの授業教材についてもご紹介します。モデル授業実施校も募集中です!

パートナー

協和発酵バイオ株式会社
協和発酵バイオ株式会社
弘前大学健康未来イノベーション研究機構
弘前大学健康未来イノベーション研究機構
公益財団法人ベネッセこども基金
公益財団法人ベネッセこども基金
一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構
一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構

主催・企画運営

株式会社リバネス