日程:2017年12月17日(日)9:45-17:30(予定)
場所:岩手大学学生センター棟(〒020-8550 岩手県盛岡市上田3-18-8)
アクセスはこちらから

<一日の流れ>

時間 内容
10:00-10:15 開会式
10:15-11:00
特別基調講演「青森は日本一の短命県?コホート研究が地域を変える」(弘前大学COI推進機構 村下公一教授)
11:00-12:30 口頭発表審査 6件
12:30-13:15 休憩・昼食
13:15-14:45 口頭発表審査 6件
15:00-17:00
ポスター審査、展示ブースコアタイム/口頭発表審査会
17:00-17:30 表彰式・閉会式・記念撮影

地域に根を張る先端研究〜あふれる自然とあふれる課題、好奇心と使命感が未来を変える〜
東北地方は多様な自然を有する豊かな地域であるという側面と、農業や水産業の高齢化等、過疎による医療問題等、エネルギー問題等、課題集積エリアという側面をもっています。みなさんの周りには、身の回りのふしぎを解明する「好奇心から始まる研究」と、世の中の実際の課題に対して解決をしていく「使命感からはじまる研究」、両方の研究の種がおちているのです。今年の東北大会では、好奇心と使命感から始まる様々な研究テーマを募集します。また、実際に「日本一の短命県、青森」を研究を通して変えていこうとする研究者のお話等があります。本大会を通じて、この豊かな地域の未来を変える研究者達が集まる事を期待しています。

「青森は日本一の短命県?「コホート研究」で地域を変える!」(仮)
弘前大学 COI研究推進機構 村下公一教授
特定の地域や集団の人々を対象に長期間にわたり健康状態と生活週間や環境との関係を調査する「コホート研究」。研究を通じて、青森県弘前市磐城地区の住民に対する健康増進プロジェクトを進める村下公一先生にお話いただきます。

<マリンチャレンジプログラムポスターブース>
海洋、水産資源、水環境などに関係する研究を支援するマリンチャレンジプログラム。2017年度1次採択校のポスター展示と、第二期の募集について紹介します。

他、随時更新!

主催:教育応援プロジェクト サイエンスキャッスル実行委員会
後援:岩手大学