ホーム お知らせ 【大阪】12月19日(日)にサイエンスキャッスル2021 関西大会を開催!富田林高等学校 梅川翔平さんが最優秀賞を授賞

【大阪】12月19日(日)にサイエンスキャッスル2021 関西大会を開催!富田林高等学校 梅川翔平さんが最優秀賞を授賞

1666
0

2021年12月19日、サイエンスキャッスル2021関西大会を大阪明星学園 明星中学校・明星高等学校で開催しました。当日はポスター発表86演題、口頭発表12演題の発表がありました。今回のサイエンスキャッスルでは、ポスター発表をはじめ、すべてのプログラムで感染症対策を取りながら実施いたしました。

サイエンスキャッスル2021 関西大会には、企業・大学13機関にパートナーとして参画いただきました。また、ポスター発表にて発表者との議論に参画する研究コーチとして大学院生、博士号取得者、社会人等の合計12名の研究者にご参加いただきました。

当日の発表演題はこちらをご覧ください。

【受賞結果】

<口頭発表>

サイエンスキャッスル2021 関西大会 最優秀賞

O-008 石川の魚類相の変遷 ~その要因についての一考察~
梅川 翔平 大阪府立富田林高等学校
60年前までデータを遡って河川環境を評価し、河川の生態系を取り戻すにはどうすればよいか、論理的・定量的に分析・考察し提案した点が評価されてサイエンスキャッスル最優秀賞を受賞しました。

サイエンスキャッスル2021 関西大会 追手門学院大学賞

O-009 ミルワームによる廃棄キャベツの処理
柳谷 和音 清風中学校・高等学校
学校から出る廃棄野菜の低環境負荷な処理と有効活用を目指す、課題解決のアプローチのリアリティが評価され、追手門学院大学賞を受賞しました。

なお、サイエンスキャッスル2021関西大会 最優秀賞を除く口頭発表11件には、今回、演題申請の中から口頭発表に選出された栄誉を讃え、サイエンスキャッスル2021関西大会 優秀賞が授与されました。

 

<ポスター発表>

サイエンスキャッスル2021 関西大会 ポスター最優秀賞

P-035 ロフトの温度を効率よく下げる方法
齋藤 碧 高槻中学校

 

サイエンスキャッスル2021 関西大会 ポスター優秀賞

P-018 染色物の褪色に対するバイオマスベースマテリアルを用いた抑制法の研究
芦原 早保 高槻高等学校

P-022 コーラにおける甘味と酸味の関係について
田尾 倖那 高槻中学校

P-028 ニ物体間の時刻と変位の微分方程式の解析
横井 遙 東洋大学附属姫路高等学校

P-030 使用済みの使い捨てカイロによる川の水質浄化
伊藤 由菜 山陽女学園高等部

P-039 ベビーオイルを用いた洗顔が皮膚に及ぼす効果
片岡 茉優 西大和学園高等学校

 

リバネスでは今後も中高生の研究活動を支援してまいります。
発表チームのみなさま、開催にあたりご助力いただいたすべての方に感謝申し上げます。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社リバネス 大阪本社 教育開発事業部(担当:戸上)
TEL: 03-5227-4198(代表)
E-mail:[email protected]

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here