ホーム 企業支援型プロジェクト サイエンスキャッスル研究費THK賞2021採択者発表!

サイエンスキャッスル研究費THK賞2021採択者発表!

443
0

2021年の創立50周年企画として、2017年からスタートしたTHK共育プロジェクトは、今年で5年目に入りました。今までに本プロジェクトを経験した子どもたちは、ものづくりを通じて社会課題の解決に挑戦するなど、次のチャレンジへ進んでいます。
今年度も「サイエンスキャッスル研究費THK賞」には多数の応募があり、厳選なる審査の結果10校が採択されました。これにより採択された学校は、5年間で合計50チームとなりました。今後、THK社員の技術アドバイザーとリバネスのサイエンスブリッジコミュニケーターが月1回の面談を通じてサポートしながら、研究開発を進めていきます。

thk0003

THK共育プロジェクトとは

最先端のスマートフォンやパソコン、テレビなど身近な製品を作る製造装置に必ず使われている「LMガイド」という部品。LMガイドは、ものを真っ直ぐ精密に動かすための機械要素部品で、THK株式会社は業界トップのメーカーとして世界のものづくりを支えています。THK共育プロジェクトは、「ものづくりが好きで課題解決のできる人を増やしたい」という想いから始まった次世代育成プロジェクトです。解決したいことや作ってみたいものがある生徒を全力でサポートする「サイエンスキャッスル研究費THK賞」と 、THKのエンジニアがものづくりの厳しさや楽しさを学校現場に直接届ける「ものづくり教材開発」を実施しています。普段 、世界最先端の現場で戦っているエンジニアが直接ものづくりの楽しさや熱い想いを伝えることで、創造開発型人財を育成していきます。

審査員よりコメント

2017年から始まったTHK共育プロジェクトは今年5年目となりました。THK社が創立50周年を迎える今年も、様々な社会課題に挑戦していこうとする若き研究者のアイデアがたくさん集まり、大変嬉しく感じています。採択チームの皆さんとは、技術アドバイザーの社員と共に開発を進めていきます。私たちも議論を通じて共に学び、一緒に成長できる場にしたいと考えています。頑張っていきましょう!

技術アドバイザーとなるTHK社員の皆さん

thk-shain
a0sd01

海の「お掃除ロボット」
~愛しき機械に旅させよ~
岡山学芸館高等学校
西林 駿佑

s0er02

緊急地震速報で開くドア
岡山県立玉野高等学校
高木 響

 

f0oj03

河川の堤防決壊前または直後に被害を最小限にするプリベントロボットの実用化へ向けて遠隔操作を行う
岡山中学校・岡山高等学校
五百森 優空

r0ti04

Alnilam卓上基板製作機開発プロジェクト
学校法人ヴィアトール学園 洛星高等学校
池之上 響

 

d0kn05

風力発電の性能向上のための揚力・抗力測定装置の開発
京都府立桃山高等学校
楠本 壮一朗

r0ty06

折り畳みできる仮設住宅「ポット・デ・ハウス」の開発
神戸市立科学技術高等学校
髙島 直起

g0lj07

空中からの環境DNA捕集装置の開発
静岡県立掛川西高等学校
大林 祐輝

f0ty08

アメリカザリガニの駆除装置の開発
東北学院高等学校
新沼 優作

o0yu09

感情を汲み取る自立走行型配膳ロボットの開発
~人とロボットの共存を目指して~
東山高等学校
佐伯 明俊

r0yr10

VLBIの民間化計画
和歌山県立向陽高等学校
鈴木 大輝

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here