ホーム お知らせ 関東大会 教員向け研修会参加者募集「グループディスカッションを可視化することで、生徒の行動変容を促す」

関東大会 教員向け研修会参加者募集「グループディスカッションを可視化することで、生徒の行動変容を促す」

687
0
ハイラブル研修会

サイエンスキャッスルでは、中高生向け、教員向けの各種企画を予定しております。2021年12月19日関東大会で実施する以下の【教員向け】セミナーについてご案内いたします。興味のある皆様は内容ご確認の上、参加申込をお願いします。

【無料教員向けセミナー】

グループディスカッションを可視化することで、生徒の行動変容を促す

セミナー概要

実施時間 16:00-17:00
場所 未定
参加対象者 中高教員 最大20名(1校あたり最大2名)
参加申込方法 以下のウェブフォームよりお申し込みください
https://forms.gle/bZnxobXQqVmzU7M96
主催 ハイラブル株式会社 https://www.hylable.com/
株式会社フォーカスシステムズ https://www.focus-s.com/
企画協力 株式会社リバネス

セミナー内容

学校の授業でも増えてきたグループワークやディスカッションの時間に、生徒たちがそれぞれどのように議論を進めているのでしょうか。今までは、教室を回遊することで断片的にしか見えてこなかったことを可視化するツールがHylable(ハイラブル)です。例えば、ディスカッションの中の発言量やターンテイク(誰と誰が話しているか)を独自のセンサーとソフトウェアで見える化することで、生徒の活動を可視化し、そのデータを見て生徒自身がもっと発言するようになったり、データに基づいて声かけなどの適切な介入をすることで生徒の主体性を引き出すことができます。本セッションでは、すでに導入して活用している学校の先生方に、実際にどのように活用しているかお話してもらいます。また、会場の先生方にシステムを実際に体験していただくワークも実施します。みなさま、奮ってご参加ください。

<体験研修会の流れ>

  • ご挨拶
  • Hylableの紹介(ハイラブル株式会社 代表取締役 水本武志)
  • 事例紹介(2件)
    • 中高教員による活用事例紹介
    • 教育委員会関係者による小中学校への導入活用事例
  • 体験・ワーク
    • グループごとに発話量を揃えるワーク
    • 議論のデータの確認
  • まとめ

<本セッションでご紹介するサービス>

  • 対面の話し合い見える化 Hylable Discussion(ハイラブルディスカッション)
  • Web会議の見える化 Hylable(ハイラブル)

※2つのサービスについての説明は、こちらをご覧ください。

参加者募集中

参加希望の方は以下のフォームよりお申し込みください。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは、以下までお願いします。

株式会社リバネス 教育総合研究センター
担当:前田
TEL:03-5227-4198 MAIL:[email protected]

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here